横須賀シニアクラブ

                <還暦野球とは>
   1979年(昭和54年)に群馬県前橋市に7チームが誕生したのが発祥といわれています。
   60歳になった人が参加できる野球組織であり、全日本軟式野球連盟の傘下に全日本還暦
   軟式野球連盟があり、ほぼ全国に都道府県還暦野球連盟が組織されています。
   年々チーム数が増え、登録チーム数で500超、未登録を入れると1,000チームがあると
   言われています。
                   
     ルールは
        ・参加資格は、60歳以上
        ・基本ルールは、一般の軟式野球規則に準拠しますが、投手板と本塁間の距離は
         16.3m(一般は18.44)、塁間は25m(一般は27.43)です。
        ・使用球は、軟式公認球B号(中学生使用球)でしたが、2019年から新しいM号に変わります。
        ・試合は7インニング制
                   
     となっています。

   各都道府県連盟主催の公式試合及び各種選抜大会が開催されており、1回/年、
   都道府県代表による全日本還暦軟式野球選手権大会が行われています。
   2020年に36回目を迎えます。
   また、70歳以上の選手が参加する古希大会、75歳以上のグランド古希大会も行われる
   ようになり、古希大会の参加チーム数も年々増えています。
   古希全日本大会も2020年に30回になります。

トップページへ戻る