横須賀シニアクラブ
           
                  

      コロナウイルス感染拡大で中断していた本年春季大会が8月22日(土)の還暦予選リーグから再開。

        3月21日の試合を最後に中断していた春季大会が5ケ月振りに再開した。
        還暦春季予選リーグ戦が、綾瀬、横浜中田、横浜野島の各球場で11試合が行われた。   
        今後、26日(水)には古希の春季予選リーグ戦、28日(金)にはG古希リーグ戦が開始される。
        また、傘寿(80歳以上)の試合も9月14日(月)から行われることとなった。
        感染防止の諸対策をしながら春季大会だけになった本年の大会を12月上旬までに終了させる。

        還暦チームは、横浜ファイターズと野島球場で本年初戦を行い、猛打と相手の失策も絡んで5回終了で12−1の
        コールドゲームで快勝。木村、小松浩幸、安部の継投。

      6月22日(月)から通常どおりの練習

       横須賀市の運動公園利用が6月20日から通常に戻るため、22日の月曜から通常練習を再開します。
       ただ、感染防止の諸注意は継続することとします。

      6月3日から6月19日まの(月)(水)(金)に衣笠球場で9:00〜11:00、チームメンバーの自主トレを行います。

        いつも練習に利用している衣笠公園野球場が6月1日から19日まで終日無料開放されましたので自主トレで
        利用します。
        20日以降は、市からの案内が出ましたら、再度告知します。7月以降は、通常の利用が可能と思われます。

         要点 ・新型コロナの感染防止の行動基準を守ることが必要です。
             ・一般開放なので、不特定多数の人が集まる可能性があります。
             ・外野の芝生での行動になり、ランニング、キャッチボール程度でバット使用禁止、スパイク禁止、
              団体行動禁止となっています。
  

      5月3日現在の大会の状況(横須賀シニアクラブの参加予定大会関連)

        ・全日本選抜還暦大会(姫路市)、全日本古希大会(埼玉県)、関東G古希大会(千葉市)の令和2年大会は中止。
        ・神還連春季大会は、4月4日以降、中断しているが、再開の日程は、連盟内で協議し、連休明けに通知の予定。

      新型コロナウイルス感染拡大防止のための活動自粛内容(3月31日現在)

       
・神還連春季大会は、還暦、古希、G古希すべて、4月中の予定は中止とし、5月連休明けに延期日程を決める。
        ・横須賀シニアクラブの練習は、3月30日から4月13日までは中止とするが、神還連の自粛要請もあり、以降は至急検討する。
        ・5月予定の川崎市長杯大会は、還暦、古希共に中止とする。
        ・傘寿の試合は、4月13日は、延期が確定しているが、以降の試合も含めて代表者会議で要項を決める。


   トップページへ戻る